Beauty 美容・ダイエット

トップ >> 美容・ダイエット >> フレグランス >> 失敗しない香水の選び方
Beauty&Style
Skin Care Make Up Hair Fragrance
fragrance
香りビギナーにアドバイス 失敗しない香水の選び方
提供:美・ファイン研究所>>
香りは唯一、大脳に直接はたらきかけるので非常にデリケートなもの。
だから本人の『好み』で選択してもらうのが一番よいとされています。
しかしそのブランドや銘柄などは実にたくさんで、その中から探し出すのはビギナーにはちょっと大変です。
ここでは、クセがあまり強くなくて初めてトライする人向けのフレグランスをいくつ かご紹介します。
■オーダドリアン(アニック・グタール)
フランスの調香師、アニックが世界に送り出した名香。ほどよいグレープフルーツとシトラスの香りが上品なやさしさをかもし出します。めずらしいくらい押し出しが少なく控えめな香り立ちなので、初心者の方でも大変使いやすい香りです。
■ブルガリプールオム(ブルガリ)
ここ数年の間に受けbPとされている香りです。つけてしばらくするとダージリンティーのかおりを経てやわらかい石けんの香りへと変化していきます。どんなシーンでも使いやすく、カジュアルからセクシーまで様々な顔を持たせてくれる万能な一本です。唯一の問題はあまりにも付けている人が多いことでしょう。
■ル・ベー(アニエスベー)
やさしい少女を連想させるようなフラワーブーケの香りです。みつろうの香りも入っているので相手に不快感をあたえず邪魔にならない香りです。かわいいハート型のガラス瓶に入っているので、お部屋を飾るデコレーションとしても適しています。フェミニンな装いにもマニッシュな装いにもマッチするので大変便利です。
■レール・デュ・タン(ニナリッチ)
世界で売上本数1位となるだけあり、フローラル系フレグランスの代表選手。フランスではローティーンになった娘の香水デビューに母親がプレゼントをする習慣があるのだとか。
あれこれ個性的な香水を経ても結局はこの香水に戻るという人が多いのも特徴的です。香水の定番を楽しみたい方には是非、トライしていただきたい香りです。
■ウィークエンドフォーメン(バーバリー)
レモンの香りからお香の香りに変化する爽やかなフレグランス。リラクゼーションの効果も高いといわれています。