Beauty 美容・ダイエット

トップ >> 美容・ダイエット >> フレグランス >> 香りを使い分ける3つの香り
Beauty&Style
Skin Care Make Up Hair Fragrance
fragrance
香りビギナーにアドバイス 香りを使い分ける3つの香り
提供:美・ファイン研究所>>
シーンによって香りを変えるのがフレグランス上級者の常識。シーンごとにその場にぴったりの香りの基本を3つに分けてみたので、ぜひ参考にしてみてください。
昼の香り
オフィスにいるときも含めて、日常に幅広く使える定番の香りです。香りにあまり慣れていない方はフローラルフレッシュやグリーン系などの比較的馴染みやすい香りから始めてみると良いでしょう。個性的でミステリアスに自己演出をしたい方には、クセのあるスパイス系やシプレ系などがおすすめです。また妖艶でセクシーな印象を与えたい場合はオリエンタル系やフローラルスイート(フロリエンタルとも言われます)などの甘くて重い香りがぴったりですので、TPOに適した定番の一品を見つけてみてはいかがでしょうか?
夜の香り
デートやパーティなど、自分の存在感を更にアップしたい時に装う香りです。昼の香りよりも1〜2ランクほど印象の強いフレグランスを選ぶのが理想的と言われていますが、自分のモーティベーションが上がる香りであれば特に法則はありません。ただし、夜の華やかな席にはシプレやオリエンタルなどの『大人らしい』香りが主流ですから、あまりにも爽やかな『グリーンノート』の香りや『子どもっぽい』香りは避けたほうが無難でしょう。
肌の香り
スポーツやウィークエンドなどのリラックスした状態の時につける、くつろぎの香りです。昼の香りを基準にして2〜3ランクほど軽くて爽やかな香りを選びましょう。香水に慣れていない方にはアロマのエッセンシャルオイルやほのかな香りの付いたボディシャンプーなどで代用してもいいでしょう。あくまでもナチュラルに、やさしく香りを取り入れていくことが肌の香りのポイントです。