Beauty 美容・ダイエット

トップ >> 美容・ダイエット >> 心と体のセルフケア >> 元気になるカラーセラピー
元気になるカラーセラピー

元気になるカラーセラピー

春は職場環境が変わったり、新しい人と出会うことが多い季節。知らず知らずのうちにストレスや疲れが溜まりがちになっているかもしれません。そんな時は「色のパワー」を借りて元気になりましょう!

カラーセラピーとは?

カラーセラピーとは、「色」を使って心と体のバランスを取り戻すというヒーリングの方法です。歴史は古く、古代エジプトや古代中国の時代から、色を使った様々な治療が行なわれていたという記録が残されています。また、1970〜80年代のアメリカでは、刑務所の壁をピンクに塗り替えることで囚人たちをおとなしくさせたといいます。

最近注目されているオーラソーマはカラーセラピーのひとつ。1983年、イギリスでヴィッキー・ウォールという女性が始めたもので、上下2色に分かれた美しい107本のボトルから4本のボトルを選ぶことで、行動心理や深層心理を探り、感情や肉体のアンバランスを解き明かそうというものです。ボトルからは多くの情報を読みとることができ、客観的に自分を省みる機会として数多くのヒントを与えてくれます。

自分で手軽にできるカラーセラピー

色は自分の心理状態を表すと同時に、身につけたり身近に置くことで心や体に影響を与えます。
色のパワーを毎日の暮らしに取り入れてみましょう。

眠れない夜のブルー

寝つけない日は、何もしないで南の海にふんわり浮かんで真青な空を見つめている、と思ってみましょう。ブルーはカッカとしていたことやクヨクヨしていたことを洗い流してくれる色。それでも眠れなかったら、波の音を流してブルーを感じるのはどうでしょう。自分もドルフィンになったつもりで、シーツを海の色にしてみるのもいいかもしれません。

バイオレットのお風呂でぐっすり

紫外線の少なくなる冬の季節、寒い国では軽いうつ病になったり、自殺未遂を起こす人が増えるといいます。紫外線にあるバイオレットパワーは中枢神経に影響し、体や心のバランスを回復させる癒しの色。クタクタに疲れた夜は、バイオレットに色づくラベンダーの入浴剤を入れたバスタブにつかってみましょう。ぐっすり眠れて翌日には元気になっているはず。

オレンジ色で食欲アップ

オレンジは肝臓の色。肝臓はインシュリンの分泌に関わって、食欲をコントロールしたり、消化吸収を助けたりする体の中の大切なパーツ。だからこそ「おいしい」気配の演出にはオレンジ色が欠かせません。テーブルクロスをオレンジにしたり、卵色のダウンライトにしてみたり…。食べ物が温かく柔らかく見えて、食欲をそそります。

グリーンでくつろげる仕事環境を演出

職場の人間関係が最悪…そんな環境にはたくさんのグリーンを。グリーンは毛細血管を広げて、血液の流れをスムーズにしてくれる色。誰もがリラックスし、人間関係もスムーズになります。同じグリーンでも、人工染料のグリーンより、観葉植物などの「生きている」グリーンのほうがリラックス効果はバツグンです。

黒い服でさりげなく自己アピール

「ブルーな気分」「バラ色の人生」という言葉があるように、色は喜怒哀楽を表す言葉を持っています。でも、すべての色を混ぜて作られる黒は、喜怒哀楽を感じさせません。絶対性があり、目立たないようでいて強い自己主張があります。童顔で子どもっぽく見られる人は仕事でプロフェッショナルに見せたい時に黒を身につけてみましょう。その代わり、近寄りがたい印象を与えるので、恋を呼び込みたい時は、黒とはしばらくさよならを!

出典:『なないろセラピー』泉智子著(KKベストセラーズ刊)

ここがポイント!
色の力で「なりたい自分」の演出も
私たちは、色を肌でも「見ている」ことをご存知ですか?「皮膚が第二の目」であることは、赤い空間に入ると血圧や体温が上がるとともに心理的に興奮して落ち着きがなくなり、青い空間では全く逆の反応を示す事でも知られています。
このように、色は人の体と心に大変大きな影響を及ぼしています。悲しい時や眠れない時は、静かで穏やかな波長の色である青や紫を使えば、心の静けさに同調し「癒し」が早く進みます。また色は、周囲の人にサブリミナル・メッセージを送る事ができるため、デートの時はピンクやコーラルといった庇護色を着ると「私を守ってね」というメッセージが伝えやすくなったり、そういう人物だという印象を周囲に与えやすくなります。
世の中に色のない物はありません。下着や文房具、メイクやインテリアなど色の力を借りて「なりたい自分」になったり、心や体を癒したり…。カラフル・ハピネスな人生をあなたも送ってみませんか?
  • - (株)ビタミンカラーズ 取締役最高顧問 カラーセラピスト 泉智子
    外資系化粧品会社の宣伝・広報マネージャーなどを経て、1996年UKオーラソーマ社にてカラーセラピスト資格を取得し、東京・表参道に(株)ビタミンカラーズを設立。オーラソーマ業界の先駆者として活躍し、ビタミンカラーズの卒業生は2,000人を超える。現在はVitamine Colors Inc USAの代表を務めロサンゼルス、東京にてオーラソーマコンサルタント養成講座を開講する傍ら、本や雑誌の執筆活動を行う。
    代表的な著作として『色の暗号』(大和書房刊)があり、シリーズで13万部を超える。米国ロサンゼルス在住。
  • - ホームページ http://www.v-colors.co.jp
    - 問合せ (株)ビタミン カラーズ 03-6447-2988

Indexへ戻る