Beauty 美容・ダイエット

トップ >> 美容・ダイエット >> 心と体のセルフケア >> 肌を傷めない「正しい洗顔法」

heartのセルフケアVOL.34

しみ、しわ、乾燥、肌荒れに困っているなら肌を傷めない「正しい洗顔法」

[次] 洗顔の手順 →

洗顔が肌ダメージを引き起こす?

美肌を保つために洗顔が重要ですが、じつは洗顔自体が肌老化の原因になりかねないのをご存知ですか?

肌が本来もっている潤い。この潤いを保つのに必要な、皮脂や保湿成分は、水で顔を洗っているだけでも奪われてしまいます。皮膚の汚れを落とすのは大切なことですが、だからといってこうした必要な成分まで失ってしまうと、瞬く間に肌は乾燥しダメージに対して無防備になってしまうことに。つまり、ただ洗うのでなく、“洗い方”を考えてケアすることが非常に大切といえます。

さらに肌を傷める原因のひとつとして挙げられるのが、毎日のスキンケアで行いがちな「肌を擦ること」。ケア中に加え、さらに洗顔やクレンジングで「擦る」刺激を加えたら、大事な肌にはかなりの負担が与えられていることに・・・・。しかもそれが毎日続くのですから、大変。
そのまま続けていれば、シミやシワ、乾燥、肌荒れといった肌トラブルを引き起こしかねません。

擦るのではなく転がして!

石鹸や洗顔料は、肌に馴染ませるだけで汚れや余分な皮脂を浮き上がらせる働きをもっています。とくに、よく泡立てた密度の濃い泡は、肌に密着しやすいため浮き上がった汚れを効果的に吸着していきます。
汚れは擦って取れるわけではありません。密度の濃い泡で皮脂や汚れを包んで乳化させ、それを泡といっしょに浮き上がらせて落とすのです。

つまりごしごしと擦り洗いするのは逆効果。良く泡立てた洗顔料を丁寧に肌になじませ、その泡を転がすように洗顔するのが大切というわけです。
密度の濃い泡をしっかり立て、その泡で顔を包み込むようにして、やさしく顔に馴染ませて洗いましょう。

肌の状態に合わせた洗顔を!

このように、毎日欠かせないだけに、肌への負担が気になる洗顔。少しでもその負担を軽くするには、日々の肌の状態に合わせた洗顔を心がけることも大切です。
毎朝、洗顔前にその日の肌状態のチェックしてみましょう。
肌に脂っ気がなく、カサカサしている“乾燥状態”のときは、洗顔料を使わずぬるま湯だけでの洗顔がオススメ。

また、皮脂が浮いているのがTゾーンだけなら、その部分だけを洗顔料で洗うようにすると、洗顔の際に皮脂を必要以上に奪わずにすみます。

一番のポイントは泡!?

洗顔で最も大事なのは、じつは使用する、「泡」。よく泡立っていない洗顔料を使って洗顔すると、汚れが落ちにくいのはもちろん、直接指先が触れることとなり、肌を擦り過ぎて強い刺激を与えることとなってしまいます。
手のひらを逆さまにしても落ちないかどうか、を目安にできるだけきめ細かく、しっかり弾力のある泡を立てましょう。

泡立て方の基本
Step1 手をきれいに洗う

まずは手をきれいに洗います。

Step2 洗顔料を手にとる

適量の洗顔料を手に取り、手のひら全体に広げます。
手のひらを器のように少しくぼませて、垂れない程度の水かぬるま湯を加えます。

Step3 円を描くように動かす

泡立てる方の手は、力を抜き、指先を立てて円を描くように動かします。途中、少量の水かぬるま湯を数回に分けて加え、泡立てていきます。
手のひらと手のひらの間に空気を入れるように擦り合わせ、ふわっと泡立てていきましょう。

※市販の泡立てネットを使うと泡自体はよく立ちますが、せっかく立てた泡のきめが粗くなるのが難点。できるだけ、手で丁寧に泡立てましょう。

[次] 洗顔の手順 →

Indexへ戻る