Education 子どもの教育

トップ >> 子どもの教育トップ >> ママたちの最新教育VOICE

ママたちの最新教育VOICE

学校生活・習い事・おけいこ

テーマ 「放課後の過ごし方」

放課後、子どもたちが楽しく過ごせるように
安全対策を行いながら、日々の様子を見守っていきましょう。

どこで遊んでいるのか。誰と遊んでいるのか。何をして遊んでいるのか。

放課後は、基本的に子どもたちだけの世界。事件や事故につながる恐れも含め、保護者のみなさんも不安に思うことがあるようです。決して安全とはいえない世の中、日ごろから親同士・大人同士がコミュニケーションを取り合っておくことも大切といえるでしょう。

また、帰宅時間が遅くなったり、携帯がつながらないことがあったら・・・
子どもからの何らかのサインなのかもしれません。変化にきづいて、声をかけてあげるといいですね。
子どもたちが放課後を、楽しく、いきいきと過ごせるように、見守っていきましょう。

アンケート結果

回答者数236人 / アンケート実施期間2009年9月16日〜2009年10月20日

Q1放課後のお子さんの行動について把握していますか?把握している57%(135人) Q3お子さんの放課後の過ごし方について心配になることがありますか?「心配になることがある方が約半数!」

Q2お子さんは、放課後どのように過ごしていますか?【1位】自宅で過ごす162人

Q4Q3で「よくある」「時々ある」と答えた方にお聞きします。どのようなことで心配になりますか?事件や事故に巻き込まれていないか28人
【1位】事件や事故に巻き込まれていないか。28人『自分の知らないところで「危ない目にあっていないか」「迷惑をかけていないか」と思う方が多い。』

放課後の行動を把握している方がほとんどであるものの(97%)、過ごし方については、心配な方が約半数であることがわかりました。
心配事としては、交通量の多い場所での交通事故や、不審者・誘拐などの事件。また、どんな友達と何をして遊んでいるのか、周りに迷惑をかけていないか・・・など。自宅への行き帰りや遊びの内容までは、保護者の目が届かないからこそ、いろいろ不安に思うものなのでしょう。
また、放課後を過ごす場所として「自宅で過ごす(162名)」が「外で遊ぶ(134名)」を上回る結果に。一般的に言われるように、TVやゲームなどお家遊びに没頭して、あまり外で遊ばない傾向がみられました。

保護者の声を聞いてみよう!
  • 帰りが遅かったり自転車で出かけた時に、事故などにあっていないか心配になります。
  • 時々何も言わずに友達の家に行ってしまうこと。
  • 以前、帰り道で、上級生に「お金もってない?」と聞かれたことがあった。
  • 家の教育&子育て方針と違うお宅の子と遊ぶことが多いので、禁止しているDSの影響など気になる。
  • 携帯がつながらず、連絡がとれないことがある。
  • 約束しなかったり同じ子としか遊ばないと、友達があまりいないのかなと思ってしまう。
  • 外遊びより、自宅でゲームをしたり、DVDを見たりして過ごす方が多いので、もう少し外で走り回って体力をつけた方がいいのでは、と思うことがあります。

上へ戻る