Foods 食とレシピ

金戸啓惠の一汁三菜

  • 12月の一汁三菜
  • お煮しめ

お正月ももうすぐですね。お重の花形お煮しめを作りましょう。

季節のお話

  • 材料
  • 人参(京人参があれば)・・・1本
  • 里芋・・・10ヶ
  • こんにゃく・・・1枚
  • ごぼう・・・1/2本
  • 絹さや・・・15枚
  • 干ししいたけ・・・10枚
  • 蓮根・・・1節
  • A
  • 出し汁・・・5カップ
  • 砂糖・・・大さじ2
  • 酒・・・1/2カップ
  • 薄口醤油・・・大さじ4
  • しいたけ戻し汁・・・1カップ
  • 塩・・・小さじ1
  • みりん・・・1/2カップ
  • B
  • 出し汁・・・1.5カップ
  • 酒・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ4
  • 醤油・・・大さじ4
お煮しめ

作り方

  1. 里芋は天地を切り皮を縦にむく。水にさらした後、お米のとぎ汁で下茹でする。竹串が通るぐらいになったら流水で洗いザルにあげる。
  2. 人参は乱切りにして2〜3枚は花形に抜く。(今回は菊花型で抜きましたが、おせちの時は梅型で抜いてください。)
  3. ごぼうもたわしで皮を洗い、乱切りにして酢水にさらし、アクを抜く。その後下茹でしておく。
  4. 蓮根も皮をむき1cmぐらいの厚さに切り、酢水にさらす。(大きければ2つに切る。)サッと下茹でする。
  5. 干ししいたけは水につけて戻しておく。こんにゃくは下茹でしてアクを取ってから味がしみやすいように竹串やフォークなどでつっつき1.5p四方に切る。
  6. 里芋、人参、ごぼう、蓮根をAの出し汁としいたけの戻し汁の中に入れ、落とし蓋をして煮る。沸騰したら砂糖を加え静かに弱火で煮る。10分ぐらいしたら、Aの残りの調味料を入れて、さらに15分ぐらい煮る。この時、里芋が煮崩れないように気をつける。全ての材料がやわらかくなったら火を止め、味を含ませる。
  7. 絹さやは塩茹でしておく。冷めてから6の煮汁につけておく。
  8. しいたけ、こんにゃくはBの出し汁に砂糖を加え煮含めてから、醤油と酒を入れ落とし蓋をして汁が少なくなるまで煮しめ、火を止めて味を含ませる。
  9. 全ての材料を彩りよく盛り付け、最後に絹さやを添える。

suggestion:

※ 里芋、人参、蓮根、ごぼうはそれぞれかたさが違います。里芋が煮崩れそうになってもごぼうがまだかたいということが無いように、上手に下茹でしてください。

※ お正月ももうすぐですね。お重の花形お煮しめを作りましょう。パーティーの一品持ち寄りにも最適です。人参は12月中は菊花型、年が明けたら梅花型でぬいて下さいね。


自由が丘日本料理教室

金戸啓恵のプロフィール

imageJapanese styleのトップへ