Foods 食とレシピ

トップ >> 食とレシピ >> 金戸啓恵の一汁三菜 >> きのことかぶのみぞれ汁

金戸啓惠の一汁三菜

  • 12月の一汁三菜
  • きのことかぶのみぞれ汁

かぶのほのかな甘さととろみが体を芯から溶かしてくれます。

季節のお話

  • 材料
  • きのこ
  • ・・・しめじ、舞たけ、えのき、生しいたけ
  • 鶏ひき肉・・・150g
  • かぶ・・・4個
  • しょうが・・・少々
  • 卵・・・1/2
  • 出し汁・・・4カップ
  • A
  • 塩・・・小さじ1
  • 薄口醤油・・・小さじ1
  • 酒・・・小さじ1
きのことかぶのみぞれ汁

作り方

  1. きのこはサッと水洗いして、小ぶさに分けておく。
  2. 鶏ひき肉は卵・しょうがのみじん切りと合わせておく。
  3. かぶはおろして、少し水気を切っておく。
  4. 出し汁を火にかけ、煮立ったら2のひき肉を少し大きめの団子にして落とす。団子に火が通ったら1のきのこと3のかぶを入れAの調味料を入れひと煮立ちさせたら、水溶き片栗粉でとろみをつける。この時にあまり時間をかけずに手早くやるのがコツ。
  5. お椀に盛り付け、山葵を添える。(かぶと山葵は相性が良い)

suggestion:

真っ白な息をハーハ−させて帰って来た夜は、あったか〜いお椀が欲しいですね。お椀の中にドカンと鶏団子!ボリュームもあります。かぶのほのかな甘さととろみが、体を芯から溶かしてくれます。寒い冬ならではの美味しい一品です。


自由が丘日本料理教室

金戸啓恵のプロフィール

imageJapanese styleのトップへ