Foods 食とレシピ

トップ >> 食とレシピ >> 荒井美里のマクロビ×低GIレシピ >> マクロビオティックが体にいい理由

荒井美里のマクロビ×低GIレシピ

マクロビオティックが体にいい理由
体とこころをコントロールする食事法
マクロビオティックとは?

マクロビオティックとは、「マクロ=大きな」「ビオ=生命」「ティック=術、学」の3つの言葉からなります。
マクロビオティックとは簡単に言うと「体とこころをコントロールする食事法」です。

マクロビオティックでは特別なことをする必要はありません。誰でも毎日摂っている食事で穀物、野菜、海藻をメインに自分自身の体調にあった食べ方をすることで、心身のバランスをとっていくことができるのです。

マクロビオティックには、どんな効果があるのでしょうか?

「ストレスが解消できる」「ダイエット効果がある」「美容によい」など、いろいろな効果が語られていますが、その根本にあるのは、人間が本来持っているはずの、自然のバランスを取り戻せるということ。
そもそもストレスや肌荒れ、肥満などは、身体のバランスが不自然であるために起こるもの。自然のバランスを 取り戻せば、身体や心の不調が軽減され、毎日は快調になります。

マクロビオティックの二大原則キーワード
「一物全体(いちぶつぜんたい)」

食べ物は、あるがままに、丸ごと食べてこそ身体は整うという考え方。

たとえば、穀物なら精米しない玄米を、野菜は皮も葉も根も全体を、魚も頭から尾まで丸ごと。アクもとらず、ゆでこぼさずに加熱調理することで、おいしく栄養満点 の食事ができることを意味します。ただし、皮までいただくので、なるべくオーガニックなものを選びましょう。

「身土不二(しんどふじ)」

人間も植物も全て生まれた環境と一体である、ということから、住んでいる土地の産物をとれる時期(旬)に食べれば、身体のバランスが整うという考え方。

熱帯の地域に住む人は、その土地の食べ物を食べることで自然と暑さがやわらぎ、反対に寒い地域に住む人は身体を温める食べ物をとることができます。
四季のある日本の場合は、季節ごとの旬を口にすることが、健康につながることを意味します。