Wellness 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> アロマテラピー >> ハーブティー

aromatherapy

アロマテラピー

癒しのハーブティー

イメージ 夏ばて防止ブレンド
暑さで身体がぐったり疲れたり、食欲がなくなったりしていませんか。
疲労がたまると夏風邪をひいたり胃腸障害を起こしがちになります。
そこで、今回は夏ばて対策のブレンドをご紹介します。
たっぷりとビタミンCを補給し、強壮作用のあるハーブで元気を取り戻しましょう。
ローズヒップ、エゾウコギ、マジョラム、マテなどを中心にブレンドします。
シングルハーブ
ハーブにはそれぞれ個性的な特徴があります。ひとつずつのハーブの魅力を知って、色や香りを楽しんだり、心と身体の健康に役立てましょう。

<ローズヒップ>
科名 バラ科    使用部位 実
疲れやすい時にはビタミンCが欠かせません。ローズヒップはビタミンCの爆弾と言われ、 夏ばてや夏風邪をひいたときの栄養補給にぴったりです。 利尿作用、便秘の改善、美肌効果なども期待できます。

<レモングラス>
科名 イネ科    使用部位 葉
タイ料理のトムヤムクンでおなじみのハーブです。イネ科の植物ですが、葉と茎はレモンの香りがして心身をリフレッシュさせる作用があります。食欲がない時や、消化不良などの胃の不調に効果的です。腹痛、下痢、頭痛、発熱などにも利用されます。

<エゾウコギ>
科名 ウコギ科   使用部位 根
心身ともに強壮作用があります。身体全体の健康を促進してストレスに負けない身体作りに役立ちます。 エゾウコギは別名シベリアンジンセンとも呼ばれ、漢方で有名な薬用ジンセン(人参)と近い薬効を持ちます。

ジンセン、アメリカンジンセン(西洋人参)、シベリアンジンセン、ともに特徴が似ており、肉体的・精神的ストレスを癒し、スタミナ源になると言われます。

<マジョラム>
科名 シソ科   使用部位 葉
料理にも用いられるハーブです。心と身体の緊張をほぐしながら、パワーを与える強壮作用があります。マジョラムにはスィート・マジョラムとワイルド・マジョラムがあり、通常エッセンシャルオイルやハーブティーではスィート・マジョラムが使われます。

幸福のシンボルで愛と美の女神である、アフロディナ(ローマ神話ではヴィーナス)が作り出したハーブと言われています。古代エジプトではオシリス神に捧げられ、神聖な儀式の時にはマジョラムの花冠を飾りました。

<マテ>
科名 モチノキ科  使用部位 葉
カフェイン配合ですが、強壮作用に優れています。肉体疲労を回復させ元気を与えてくれる働きを持ちます。ビタミン、ミネラル、カルシウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維など栄養価が高く、消化も助けます。

原産地である南米では、インカ帝国以前から飲み継がれてきたお茶で、現在でも日常的に飲まれています。『マテ』という名前は、マテ茶を飲む器として使った、ひょうたん植物が語源です。

レモンピール

ジンジャー
ハーブティーの美味しい入れ方
取材協力『ブリスティア広尾』
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-8-12
ブリステリア オルタナティブアカデミー内
Tel 03-5789-8775
http://www.blisstia.com/
美白ブレンド  ・ リフレッシュミント  ・ 肩こり・冷え対策ブレンド  ・ 夏ばて対策ブレンド  ・ 秋のリラックスブレンド  ・ クリスマスブレンド  ・ ダイエットブレンド  ・ 春の浄化ハーブティ  ・ 夏目前!肌対策ハーブティー  ・ 胃腸を整えるハーブティー  ・ 不眠解消ハーブティ  ・ マタニティブレンド(妊娠初期&中期)  ・ マタニティブレンド(妊娠後期&出産前)  ・ 母の日ブレンド(更年期障害の緩和に)  ・ 梅雨のうつ改善ハーブティ  ・ 夏にぴったり!マテ茶  ・ 冷え性対策ブレンド&バスハーブ  ・ 五月病対策&フレッシュマンブレンド  ・ LOHASティー


Aromatherapyのトップへ