Wellness 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> アロマテラピー >> エッセンシャルオイルの種類

aromatherapy

アロマテラピー

エッセンシャルオイルの種類


ティートリー
ティートリー
科名 フトモモ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
効能
免疫力活性作用、抗ウイルス作用、抗菌・殺菌作用、抗真菌作用、
消毒作用、神経強壮作用、頭脳明晰作用 など
精神的に疲れている時にも
ラベンダーと並び、多くの適応範囲を持つエッセンシャルオイルです。とても強い殺菌作用を持ち、インフルエンザの季節には予防に役立ちます。傷やおできなどの化膿を押さえたり、日焼けや水虫などにも効果があると言われています。爽やかな香りは集中力を高め、精神的に疲れている時にも役だってくれるでしょう。

まめ知識
オーストラリアの先住民族アボリジニが傷薬として利用していた植物です。葉をお茶にして飲んでいたので、この名前がついたと言われています。
ラベンダー  ・ ティートリー  ・ ローズマリー  ・ ゼラニウム  ・ イランイラン  ・ ローズオットー  ・ ユーカリ  ・ ペパーミント  ・ フランキンセンス  ・ レモングラス  ・ グレープフルーツ  ・ カモミール  ・ スイートマジョラム  ・ サンダルウッド(白檀)  ・ クラリセージ  ・ ジュニパー  ・ ベルガモット  ・ ネロリ  ・ ローズウッド  ・ パチュリー  ・ シトロネラ   ・ サイプレス   ・ ジャスミン   ・ オレンジスイート   ・ ヘリクリサム   ・ シダーウッド    


Aromatherapyのトップへ