Wellness 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> 暮らしの健康アドバイス >> 01 どうして夏バテになるの?
どうして夏バテになるの?

毎年夏バテで悩んでいるあなたは必見!冷えやだるさから身体を守るコツをお教えします!
夏バテの要因となっているエアコン
人間は汗をかくことで体温を一定に保っています。しかし、現代人はエアコンの普及により、汗をかく機会が少なくなっています。汗をかかなくなると交感神経のはたらきが鈍り、体温調節機能がはたらきにくくなって、夏バテの原因の一つである自律神経失調症になりやすくなります。
実践ポイント
サラリーマンは背広を着ていることもあり、強い冷房を要求しがちです。身体の冷えから血行不全、腰痛、肩こりなどを起こすことも少なくありません。そこで対策!
1.冷えからくるだるさには入浴や適度な運動により血行を良くすることが効果的。
2.予防のためにも、外気温と室温との差は5度ぐらいにとどめておきましょう。


夏をイメージする食べ物は夏バテ予防に効果的?
食生活でも、糖分の多い清涼飲料水の摂り過ぎによる食欲の低下や、消化吸収能力の低下がみられます。とくに夏はビタミンやミネラルなどの栄養素が摂りにくくなり、これらが原因で夏バテが起こるといわれています。
実践ポイント
1.夏の食事はサッパリしたものになりがちで、脂溶性ビタミンであるビタミンAの摂取量が不足します。鰻はビタミンAを豊富に含んでおり、「土用の鰻」の習慣は理に適っているといえるでしょう。
2.日本人にとって元祖エスニック料理といえばカレーです。私たちはインド人に次いでカレーを食べている国民だそうです。ピリ辛料理は血行を良くし、発汗を促し新陳代謝を盛んにします。冷房の冷えにより起こったむくみやだるさといった症状も、新陳代謝の回復により徐々に改善されます。
3.スパイス類は胃を刺激し、胃酸の分泌を多くし、食欲を増進させ、さらに消化も促進させます。暑い地域に暮らす人たちの食習慣も科学的な根拠にもとづいたものなのです。

暑さに慣れると汗の出始める気温や体温が低くなり、汗の量が増え体温は上がりにくくなって、暑さに対する耐性も高まります。これは短期暑熱順化と呼ばれています。現代人が快適さと引き替えに、本来、身体に備わった能力を発揮できないライフスタイルを選んでいることも夏バテの一因といえそうです。
あなたの夏バテ危険度チェック
(杏林大学保健学部保健栄養学教室 講師:中谷 弥栄子)


テーマ一覧へ戻る
02next

夏バテ予防、それは食生活から
 
上へ戻る