Wellness 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> 暮らしの健康アドバイス >> 13 「よく生きよう」と思うこと
「よく生きよう」と思うこと

健康で長生きをするポイントは生活習慣を改善して規則正しい生活を送ることにありますが、実はもうひとつ大切なポイントがあります。そのキーワードは“いきいきとした生き方”です。 BeWellサイトへ

"いきいきとした生き方”の秘訣
90歳以上の高齢にありながら、なお健康でいきいきしている人をみると、その生き方には共通の特徴があるように思います。例えば、


おだやかで謙虚であること
仕事、趣味などの生き甲斐があり、好奇心、向上心があって何歳になっても意欲を失わないこと
他人と積極的に交際していること
世の中に役立つことをしようと思うこと

などです。これらは米国の心理学者も明らかにしていることです。
「よく生きる」ってどういうこと?
健康でいきいきとしている高齢者の共通点は、「長生きしたい」と思うこと以上に「よく生きたい」と考え、行動している点です。「よく」という言葉にはいろいろな意味があります。道徳的に善であり、能力が向上することでもあり、自己を取り巻く環境が改善することも入ります。こうした諸々のものすべてを含めて、精神的に常に向上と満足を求めているのです。

論語に「知者は楽しみ、仁者は寿し(いのちながし)」という言葉があります。常に好奇心を持って学習する人は人生を楽しく過ごし、おだやかで他人に思いやりのある人は長命である、という意味と解されます。ただ長く生きればよいというものではないのです。健康長寿には、よく生きるということがいつも念頭になければなりません。


健康事業総合財団 [東京顕微鏡院] 学術顧問、東京都老人医療センター名誉院長 小澤利男)

第12回へ テーマ一覧へ戻る 第14回へ
あなたは長生きできますか? くすりの正しい使い方
 
 
東京顕微鏡院サイトへ 第11回へ 第12回へ
上へ戻る