Wellness 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> 暮らしの健康アドバイス >> 16 ストレスで起こる心身の不調
ストレスで起こる心身の不調
第18回へ 第17回へ 第15回へ
テーマ一覧へ

前回、ストレス状態にも「よい」「わるい」があることをお話しましたが、今回はさまざまなストレス症状についてご紹介していきます。理解を深め、早めに自分自身や周りの人たちの変化に気づいていくことが大切です。 東京顕微鏡院サイトへ

ストレスによる31の症状例

身体と心がSOSを発している?
人間は過剰なストレスを受けたときには、それに対抗するために、さまざまな反応を示します。その中には身体的反応精神的反応があり、最終的に不調をきたすときにも身体的症状にあらわれる場合と精神的な症状を中心とする場合があります
身体的な症状の特徴 精神的な症状の特徴
うつ状態(病)になるとどうなる?
うつ状態(病)にある人は、周囲からみると怠けているようにも見えるので「どうした、がんばれ!」といいたくなります。しかし、本人は自分が仕事ができないことをよく自覚しており、周囲の人にすまないと思っているので、励まされるとかえってプレッシャーとなり、一層気分が沈んでしまうことが珍しくありません。この悪循環に入ってしまうと症状はさらに悪くなっていきます

誰にでも機嫌の良い日や悪い日があり、気分が沈むこともあります。しかし、うつ状態(病)はその程度が強く、主に以下のような特徴と原因が上げられます。

特徴と原因
特徴1) 期間が長い
特徴2) 不眠などの症状が出てくる

原因1) 大きな心理的ショックを受ける出来事(家族の死や生活環境の変化など)
原因2) ストレスの蓄積(上司や部下との人間関係や過重な仕事による疲労など)

とくに原因もなく起こることもありますが、職場環境などが大きく変化している現在は、うつ状態(病)は誰にでも起こりうるものだといえるでしょう。


(千葉大学大学院 医学研究院 環境労働衛生学分野 大久保 靖司)

第15回へ テーマ一覧へ戻る 第17回へ
ストレスとは? 心の健康を高める3つの方法
 
 
東京顕微鏡院サイトへ 第18回へ 第17回へ 第15回へ
上へ戻る