Wellness 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> 暮らしの健康アドバイス >> 27 春は健康診断の季節
春は健康診断の季節
第28回へ
テーマ一覧へ
春ともなれば、地域や職場で健康診断が始まります。その目的や受診の心得をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 BeWellサイトへ
健康チェックで気持ちも新たに!
新しい年度に活動するには、個人はもちろん、社会にとっても、まず健康をチェックすることが必要です。そこで、健康診断が春から夏にかけてさかんに実施されるのです。


健康診断のステップ
地域、職域の健康診査、健康診断は、老人保健法、労働安全衛生法などの法律で定められていて、検査内容も、通常はその規定に沿って行われます。一般的にいえば、問診、診察、身体計測、血圧測定、検尿、採血、胸部X線撮影、心電図一次健康診断として行われます。

また、中年以上ではがん検診も重要です。検査結果に異常があれば、二次健康診断(精密検査)が必要となり、その結果、正常範囲、要注意、要治療に区分され、事後指導を受けることになります。


健康診断の受診率
官公庁や大きな企業であれば、健康診断の受診率は良好で90%を超えたものとなり、充実した健康管理体制があります。

しかし、地域の健康診査となると、受診率は30%を超えればよいほうです。その対象は、40歳以上の自営業者や主婦、定年退職者ですが、こうした人たちには次のような問題点があげられます。
問題点
1. 受診が義務づけられていない
2. 実施は地域の保健センター、診療所、病院などで、受診者が選択することになる
3. 高齢にともなって異常が見つかる人が増加する
4. 検査の結果に異常が出ても、その後の管理指導に不備がある

自覚症状のない病気の発見
健康診断の目的は、未病の発見にあります。一般に生活習慣病といわれるものは、その初期にあっては自覚症状がありません。水面下にあって、病気として自覚されないのです。高血圧、高脂血症、糖尿病、肝機能障害、軽度の貧血、初期がんなど、すべて無症状です。

したがって、自分は健康だと思って健康診断を受けようとしなかったり、あるいは異常を発見されるのが怖くて受診しない人も見られます。実は、こうした人に一番問題があり、未受診者に異常の頻度が高いのです。


健康事業総合財団[東京顕微鏡院] 学術顧問、東京都老人医療センター名誉院長 小澤利男)

第26回へ テーマ一覧へ戻る 第28回へ
どう違う?かぜとインフルエンザ 上手に利用しよう!人間ドック
 
 
東京顕微鏡院サイトへ
上へ戻る