Wellness 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> 暮らしの健康アドバイス >> 03 どうして食中毒は起こるの?
どうして食中毒は起こるの?

食中毒は、国内で発生する8割以上が細菌やウイルスによるものです。とくに細菌性食中毒は、家庭でも発生する危険性が十分あります。本格的な食中毒シーズン真っ只中、家庭でできる予防の基礎知識を身につけておきましょう。
食中毒は夏に多い
食中毒は、ジメジメした梅雨の時季に多いと思われがちですが、そうではありません。6月から徐々に増えはじめ、7月から10月にかけて多く見られ、とくに8月に最も多く発生しています。(下記グラフ参照) 夏場では腸炎ビブリオサルモネラ腸管出血性大腸菌O157黄色ブドウ球菌による食中毒が多発します。カンピロバクターによるものは6月と9月に多くみられます。これらの食中毒細菌は、気温が高い夏場に食品中で分裂を繰り返し、猛烈に増殖するため、食中毒を起こすのです。

≪平成11年食中毒月別発生事件数≫
グラフ


敵を知って対策をたてよう!
おもな食中毒細菌は下の5つです。それぞれの【特徴】【食中毒の症状】【予防法】をまとめているので参考にして!まずは敵を知ることが大切。

腸炎ビブリオ サルモネラ 腸管出血性大腸菌(O157など)
黄色ブドウ球菌 カンピロバクター


健康事業総合財団 [財団法人東京顕微鏡院] 食と環境の科学センター所長:伊藤 武)

back02
テーマ一覧へ戻る
04next
夏バテ予防、それは食生活から 家庭でできる食中毒予防のポイント
 
 
上へ戻る