Health 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> なるほど女性の医学事典 >> 乳がん検診:超音波検査

なるほど女性の医学事典

婦人科検診

乳がん検診

「乳房にしこりがある」「乳頭から分泌物がでる」「乳房の一部がえくぼのように陥没している」などの気になる症状があったら、必ず専門医を受診しましょう。診療科は、医療機関によっても異なりますが、「乳腺外科」「乳腺科」が専門です。
とくに気になる症状がなくても、乳がんの早期発見のためには、1年に1回は乳がん検診を受けることが大切。乳がん検診では、おもに次のような検査が行われます。

超音波検査

乳房全体にゼリーを塗り、乳房に超音波を発する機械をあてながら、モニターでチェックしていきます。この検査に痛みはありません。超音波検査ではしこりの内部の状態までみることができるので、ある程度、悪性・良性の判断もつけることができます。乳腺の発達している若い人、妊娠中の人に適している検査です。

その他の乳がん検診

何事も、備えあれば憂いなし。1年に1回は乳がん検診を受けようね。

おすすめの関連チェッカー
自分で発見できる唯一のがんをチェック! 〔乳がんをチェックしよう〕
婦人病の兆候をチェック! 〔婦人病チェッカー〕
上へ戻る