Health 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> なるほど女性の医学事典 >> 乳がん検診:マンモグラフィ検査

なるほど女性の医学事典

婦人科検診

乳がん検診

「乳房にしこりがある」「乳頭から分泌物がでる」「乳房の一部がえくぼのように陥没している」などの気になる症状があったら、必ず専門医を受診しましょう。診療科は、医療機関によっても異なりますが、「乳腺外科」「乳腺科」が専門です。
とくに気になる症状がなくても、乳がんの早期発見のためには、1年に1回は乳がん検診を受けることが大切。乳がん検診では、おもに次のような検査が行われます。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィは、乳房専門のX線による検査です。触診ではわからない小さなしこりや、しこりになる前のがんも見つけることができ、乳がん検査ではいまや欠かせないものです。
乳房を片方ずつ機械にはさみ、圧迫して、上下・左右の2方向を撮影します。
痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが心配な方は、月経が終わった後に検査を受けるのがおすすめ。月経後は乳房の張りがおさまっているため、一般的に痛みが出にくいようです。
なおX線を使用するため、妊娠中および妊娠の可能性のある方は受けられません。

その他の乳がん検診

何事も、備えあれば憂いなし。1年に1回は乳がん検診を受けようね。

おすすめの関連チェッカー
自分で発見できる唯一のがんをチェック! 〔乳がんをチェックしよう〕
婦人病の兆候をチェック! 〔婦人病チェッカー〕
上へ戻る