Health 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> 女性の医学事典 >> 女性に多い病気 外反母趾

なるほど女性の医学事典

女性に多い病気
外反母趾

ハイヒールなど足に合わない靴を履き続けることによって起こる外反母趾。「慢性関節リウマチ」「脳性小児マヒ」「多発性進行性骨化性筋炎」の合併症としても起こりますが、一般的に外反母趾といえば、ほとんどの原因は靴によるものです。足に合わない靴の中で、重力が母趾(足の親指)にかかり、その付け根にある"中足骨頭"が外側に突き出たように変形します。

おもな症状

骨の変形が起こっても無痛の場合がありますが、一般的な症状としては、

  1. 最初靴を履いているときだけの痛みが、やがて脱いでからも続くようになり、第二指、第三指の付け根にもにも広がって、頭痛もともなうことがある
  2. つま先がきゅうくつなため母趾だけでなく、第二指などがカナヅチの頭状に折れ曲がる("ハンマー・トゥ")
  3. 指先が靴の内側に押し付けられることによって爪がはがれたり、肉に食い込む"陥入爪(かんにゅうそう)"を併発したりする

前足部が広くて指に当たらない、ヒールの低い靴を履くようにしましょう。また、リハビリ専門医の指導を受けて短縮している関節包や靱帯のストレッチを行うと、痛みが軽減します。
エックス線撮影によって進行状態をみた上で、睡眠中に"ナイトブレース"と呼ばれる矯正器具などを用いて進行を止める治療や、親指の骨の一部を切除するなどの手術を行います。

おすすめの関連チェッカー
自分で発見できる唯一のがんをチェック! 〔乳がんをチェックしよう〕
婦人病の兆候をチェック! 〔婦人病チェッカー〕
上へ戻る