Health 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> 女性の医学事典 >> 女性に特有の疾患 子宮筋腫

なるほど女性の医学事典

:子宮の病気

子宮筋腫

子宮筋腫は、成人女性の4人に1人が発症するといわれるほどポピュラーな良性疾患です。この疾患は子宮の壁(筋層)にできる良性の腫瘍で、1つないし複数発生します。多い場合は20個近くということも。そして発生する部位によって次の3つに分類されており、個数が多い場合は3つを併発していることがほとんどです。

<3つの分類>
粘膜下筋腫: 子宮の内側に突き出すようにできたもの。発生の頻度は低いが、一番症状が辛い。
筋層内筋腫: 子宮の壁の中にできるもの。3つの筋腫のうち、いちばん発生頻度が高い。
漿膜(しょうまく)下筋腫: 子宮の外側に出っ張るようにできたもの。最も症状が少ない。

粘膜下筋腫は月経量が多くなりがちで、鉄欠乏性貧血の原因の一つです。月経量が多いと思っていなくて、鉄欠乏性貧血を指摘されてから子宮筋腫が発見されることもあります。

おもな症状
  1. 月経の量が異常に多く、その結果、めまいがしたり貧血状態となる
  2. 月経痛がひどく、薬を服用しても効かない、寝込む、など
  3. 月経時にうずらの卵大の血のかたまり(レバー状)が頻繁に出る
  4. おなかにしこりが触れる
  5. 不正出血がある
  6. トイレが近くなる、便秘がひどくなる、慢性的な腰痛がある、など
      (この症状はおもに漿膜下筋腫の場合)
  7. 下肢のむくみ(静脈が筋腫によって圧迫されるため)また、とくに自覚症状がない場合もあります。

なお「子宮肉腫」という悪性腫瘍と区別しにくいので、きちんと診察を受けることをおすすめします。

おすすめの関連チェッカー
自分で発見できる唯一のがんをチェック! 〔乳がんをチェックしよう〕
婦人病の兆候をチェック! 〔婦人病チェッカー〕
上へ戻る