Health 女性の健康

トップ >> 女性の健康 >> 女性の医学事典 >> 女性に特有の疾患 卵管炎

なるほど女性の医学事典

:卵巣の病気

卵管炎

流産や人工妊娠中絶、出産、セックスなどによって、膣から細菌やクラミジアなどが入り込み、病原体が子宮頚管から卵管に感染して炎症が起こる疾患です。
原因菌は大腸菌、淋菌、クラミジアが多く、まれに結核もあります。多くの場合、近くにある卵巣にも炎症が起こって「卵巣炎」を起こし、この両方の炎症をあわせて「子宮付属器炎」といいます。初期段階に十分な治療を受けずに慢性化すると、卵管が詰まって不妊症の原因となったり、骨盤内の腹膜にまで炎症が広がって、「骨盤腹膜炎」を引き起こす危険もあります。

おもな症状
  1. おりものの増加
  2. 発熱
  3. 激しい下腹部痛(嘔吐を伴うことがあり、子宮外妊娠や虫垂炎と間違えられることも)

原因となる細菌の種類によって症状に違いがあります。淋菌の場合は黄緑のおりものと激しい腹痛、クラミジアの場合はおりものの変化は乏しく腹痛も激しくはない、など。症状が出た初期段階で病原菌を特定し、それに対する抗生物質の投与を受ければ、自覚症状はおさまってきます。しかし完治するまで治療を続けないと慢性化しやすいので、きちんと医師の指示をあおぎましょう。またセックスによる感染の場合は、セックスパートナーにも一緒に治療を受けてもらうことが大切。一方が完治しても、パートナーが感染したままでは、菌をうつしあうピンポンゲームになってしまいます。

おすすめの関連チェッカー
自分で発見できる唯一のがんをチェック! 〔乳がんをチェックしよう〕
婦人病の兆候をチェック! 〔婦人病チェッカー〕
上へ戻る