Life Plan ライフプラン

トップ >> ライフプラン >> 生命保険ナビ >> 保険の種類、いろいろあって、わかりにくい!
生命保険ナビ

保険の種類、いろいろあって、わかりにくい!

生命保険のテレビコマーシャルや広告で目にするのは、“なるほど”と思わせるネーミングの商品。しかし一体それがどんな種類の保険なのか、具体的な内容は瞬時にはわからないものです。「終身」「定期」とか「特約」などの言葉を並んでいても、それぞれの違いを正確に理解できる人はそうそういないでしょう。

そこで、これだけは覚えておきたいのが、生命保険の基本の種類はとりあえず3つであることです。商品はすべて「死亡保険」「生存保険」「生死混合保険」に分類されるのです。
「死亡保険」は死亡時に保険金が支払われるもの。生涯にわたって保障期間が続く「終身保険」と一定の期限付きの「定期保険」などが死亡保険の代表的な存在です。
「生存保険」は長生きのリスクに備える保険。「個人年金保険」が代表格です。
「生死混合保険」は死亡時には死亡保険金、生存して満期を迎えると満期保険金が支払われるもので「養老保険」がよく知られています。

気になるのは自分にとって、必要にして十分な保険は何か、ということ。それを検討するにあたって、まずは、基本となる保険の特長をつかんでおきましょう。

終身保険
終身保険

一生涯、死亡保障が続く「死亡保険」。つまり、亡くなった時には必ず死亡保険金が支払われる保険です。

保険料は掛け捨てではないので、掛け捨てタイプの保険に比べて、その金額は高め。
保険料の払込期間には、"有期払込みタイプ"と"終身払込みタイプ"があります。
"有期"は、ある一定年齢までを払込み期間とし、"終身"は一生涯、払込みを続けるものです。

また、保険金額が変わらない「定額型」の終身保険に対して、運用することで保険金額を殖やそうとする「変額型」の終身保険を扱っている保険会社もあります。

変額型の終身保険は、途中で解約すると、運用による損が発生する可能性もありますが、死亡保険金として保険金を受け取る場合は、基本保険金額(契約時に決めた保険金額)は最低保証されます。
予定利率は定額保険よりも高めに設定されていますので、定額型の終身保険よりも保険料を抑えられます。

定期保険
定期保険

保険期間の間だけ死亡保障がつく「死亡保険」。
一定の期間(払込み期間)が終了すれば保障もなくなります。また保険料は掛け捨てとなるので、同じ「死亡保険」の終身保険に比べて、保険料は低くおさえられます。

なお定期保険は、保険期間の間の保障額は一定で、亡くなったときには、一括で死亡保険金が受け取れます。これに対し、死亡保険金を分割(毎月、年に1度など)で受け取れる収入保障保険を扱っている保険会社もあります。
契約した死亡保険金額が同額であれば、亡くなった時に一括して保険金を受け取れる定期保険に比べて、収入保障保険のほうが、保険料は安くすみます。

個人年金保険
個人年金保険

老後の生活に備えるための保障を目的とした「生存保険」。契約で定められた一定の年齢から、年金を受けとります。

もし保険料払込み期間中に亡くなった場合は、それまでに払い込んだ保険料程度の死亡給付金が支払われます。年金を受け取る期間により、終身年金や確定年金(10年などの一定期間のみ受け取るタイプ)など、 いくつかのタイプの年金保険があります。

養老保険
養老保険

保険期間中に亡くなった時には死亡保険金が、保険期間(払込み期間)が終了した時に生存していれば、死亡保険金と同額の満期保険金が支払われる「生死混合保険」。
保険料は掛け捨てではないので、他の種類の保険に比べて、その金額は高めになりますが、貯蓄のつもりで利用する人も多い保険です。


こども保険

こども保険は、お子さんの教育資金を準備することを目的に加入する保険です。17歳や18歳のときに、満期保険金を一括で受け取るタイプと、中学や高校時代にも、お祝金(学資金)が受け取れるタイプがあります。
お子さんが小さくて、教育費がかからない時期から計画的に将来の教育費を貯められるのが、こども保険のメリット。契約者(父親など)が死亡した場合には、それ以降の保険料が支払い免除になり、その点では保険の特色が活かされます。

自由設計型保険

その名の通り、好きな保障を組み合わせて、自分のニーズに合った保険を作り上げられるのが特徴。保険会社ごとに商品内容は異なりますが、積立部分と保障部分が分かれているのが基本的な設計になっています。
保障部分に関しては、死亡保障額の増減や医療保障の付加など、ライフスタイルの変化に応じて、保険会社が定める規定内であれば見直しができます。また、積立部分に貯まったお金を利用して、保険料の支払いが終了した時点で終身保障などに充てるほか、投資信託などを購入できる会社もあります。