Living 住まい

トップ >> 住まい >> プロ技で困ったを解決! >> Lesson2 来客時編
プロ技で”困った”を解決!暮らし・住まい編
Vol.1 来客時編
Lesson2 皆さんの困ったにお答えします
監修:インテリアコーディネーター 菅野民子(かんのたみこ)
リビングに電化製品などが多いため、配線コードが目立って格好が悪い
リビングに窓が多く、壁が少ないため、うまく家具が配置できない。
子供部屋がない。リビングを活用して子供部屋を作りたいがどうしたらよい?
リビングが狭く圧迫感がある。配置や見せ方ですっきりと明るく見せられないか
リビングに畳コーナーを設けているのでインテリアの配置やイメージを統一させるのに悩む
tech01
リビングに電化製品などが多いため、配線コードが 目立って格好が悪い(掃除の邪魔にもなる)
* ラインノイズフイルター付き電源タップ:ひとつのタップに複数のコンセントがついており、たこ足配線を解消できる。また電源に乗ってくるノイズを減らす効果もあり。
** スパイラルチューブ:複数の配線を束ね保護する機能を持つ、活用範囲の広いチューブ。
ポイント1
リビングに置くオーディオ装置、TV、パソコン装置などは
一カ所にまとめて設置しましょう。
ポイント2
最近のテレビボードは、ケーブルを通す場所があらかじめ設けられていますので、設置も容易にでき、ケーブルがからまったりすることなく、すっきりとAV機器が収められます。
ポイント3
たこ足配線にならないように、ラインノイズフイルター付き電源タップ*を用意しましょう。100円ショップ、DIY(日曜大工センター)などで、スパイラルチューブ**を購入し、コードを「電源ケーブル」「映像オーディオケーブル」「アンテナ線」などにわけて整理するとよいです。
現在はまだ、電化製品に配線がついているのが主流ですが、少しずつ配線がないものも登場してきています。そうなればこういった問題は解消されますね。それまでは、上記でご紹介したようなツールを使って上手にすっきりとまとめましょう。
皆さんからは、「蓋付きのお洒落なかごで配線を隠しています」「取っ手の穴にコードを通してテレビやパソコンの傍においてます」といったアイディアもいただいています。発想がおもしろいですね。
tech02
リビングに窓が多く、壁が少ないため、うまく家具が配置できない。
特にソファなどの置き場にこまる。
ポイント1
新築の場合は、リビングの家具のレイアウトを考えてから、
他の部屋との間取りを考えましょう。
ポイント2
既存の場合は、窓の開閉をあきらめて、木製ブラインドなどでスクリーンを作り、光の調整だけにして、壁の代わりとしましょう。
ポイント3
ベーシックなソファーセットではなく、ゆったりしたパーソナルチェアを二つ置くだけのレイアウトなども考えてみては?
また、洋家具の暮らし方から、床座の暮らし方にチェンジするのもよいです
窓が多く壁が少ないというのは日本の住宅に多く見られます。特にLDではその傾向が多く、皆が集う場所でもあるLDにソファを置くとき、どうしても窓を塞いでしまい配置に悩んでしまいますよね。
そういった場合、無理にソファとダイニングテーブルを両方置くのではなく、 ソファに座って食事をするような、高さの低いテーブルがおすすめです。
ご飯を食べた後も、同じ場所でゆったりとくつろげます。
また、ソファや椅子の暮らしから、床に座るという和の暮らし方を取り入れてみるのもよいでしょう。
たとえば、大きな丸い座卓に、座布団クッションなどにし、目線を低く暮らすことで開放感のあるリビングが作れます。不思議なことにテーブルの高さによって暮らし方は変わってくるのがおもしろいところです。
tech03
子供部屋がない。リビングを活用して
子供部屋を作りたいがどうしたらよい?
ポイント1
リビングの一画に子供専用のデスクと椅子を置き、子供用のコーナースペースを作りましょう。この場合、一般的なキャラクターが貼り付いた学習机などは避けること。リビングの雰囲気を壊さないように、大人も使えるようなベーシックでシンプルなデザインを選ぶことがポイントです。
ポイント2
どうしても間仕切りたいときは、ロールスクリーンなどで間仕切りましょう。
こういったケースの場合、間仕切るという方法が一般的かと思いますが、低学年の子供の場合、個室を与えるという考えから子供を家族で見守るという、発想の転換をすることも情緒面、コミュニケーションの面から良いことだと思います。
たとえば、廊下の一部にデスクコーナーを設けたり、リビングに置いてあるダイニングテーブルを大きくし、その一部で家族に見守られながら勉強をするなどといった方法もひとつの暮らし方ではないでしょうか。
皆さんからも、「折りたたみテーブルや収納式のテーブルセットを使い勉強するときだけ出して、使わないときはキッチンカウンターの下にしまっています」というようなご意見、また、「リビングの活用はキッチンから子供の様子が見えて子供もお話をしながら宿題ができるのでおススメです」というようなご意見もいただきました。
皆さん上手にリビングを活用されていますね。
tech04
リビングが狭く圧迫感がある。
配置や見せ方ですっきりと明るく見せられないか
ポイント1
色が濃いものやデザインがゴテゴテとした家具を置かないようにしましょう。
ポイント2
家具の色を揃えることでスッキリさせましょう。
ポイント3
カラーや材質、大きさがさまざまな収納家具をバラバラに置かないようにしましょう。
このテーマに対する書き込みを多くいただいています。壁の片側一面に鏡を据え付けたり、リビングに入ってすぐに目に付く場所に物を置かないようにしたりなど、皆さん、様々な工夫をされているようです。
リビングが狭い場合は、たくさんの家具を置かないことが何よりも大切です。
また、空間全体に家具を均等に広げて置かないで、きゅっと詰めて置くところと、何にも置かない空間をつくることがスッキリさせるコツです。
tech05
リビングに畳コーナーを設けているのでインテリアの配置やイメージを統一させるのに悩む
ポイント1
ナチュラル系の和のテイスト、どちらかというとモダンでシンプルなかたちでまとめてみてはいかが?
ポイント2
畳に座るときの目線の高さを意識して、背の高い家具は置かないようにしましょう。
ポイント3
LDのインテリアと和室のインテリアに共通点を作りましょう。
今は日本の和のテイストが海外でも取り入れられたりしています。例えばソファのクッションと同じ生地で座布団を作る、どちらにも和紙のシェードを使うなどして共通点を作り、モダンジャパニーズな雰囲気にするのも素敵です。また、和は和、洋は洋としてそれぞれのテイストを出した部屋同士が隣り合わせに並んでいてもおかしくないのが今の流れです。

Living リビング プロ技で「困った」を解決!

Lesson1
上手な配置・レイアウトテク
Lesson2
皆さんの困ったにお答えします【配置・レイアウト編
Lesson3
片付け上手になるコツ
Lesson4
皆さんの困ったにお答えします【収納・暮らし方編
Lesson5
ちょっと気が利いたおもてなしの工夫
Lesson6
皆さんの困ったにお答えします【来客時編