Living 住まい

トップ >> 住まい >> プロ技で困ったを解決! >> Lesson4 収納・暮らし方編
プロ技で”困った”を解決!暮らし・住まい編
Vol.2 収納・暮らし方編
Lesson4 皆さんの困ったにお答えします
監修:インテリアコーディネーター 菅野民子(かんのたみこ)
リビングに収納がなく、雑誌、カタログ、かばんなど、こまごまとしたものが散らかって困ります。
洗濯物がどこにでもかかっている感じがいやなのですが…
小さい子供がいるので、子供が食事をとるところだけカーペットが汚れがちで気になになります。
子供がリビングで遊ぶので、床におもちゃが置きっぱなしで片付きません。
リビングにハンガーを掛ける場所がないので、コートやジャケットを一時的に置く場所に困ります。
tech01
リビングに収納がなく、雑誌、カタログ、かばんなど、こまごまとしたものが散らかって困ります。
家具と家具の隙間に収納ワゴンを置きましょう
家具と家具の微妙な隙間などを利用して、お手製収納ワゴンを置きましょう。まず隙間スペースに合った大きさのボックスタイプの隙間家具をチョイスします。次にボックスの底にキャスターをつけて自由に動くようにします。ボックスの側面に取っ手をつければ、隙間に入れたワゴンが取り出しやすくて便利ですね! ワゴンの側面を前にすればごちゃごちゃとしたものが隠せて一石二鳥です!
木で編んだふた付バスケットをさりげなく置きましょう
木で編んだ風合いのバスケットは、見た目にもやさしくインテリアとしてもおすすめです。通常の物置としてもよいですし、急な来客時などに、床に散らかっているものを一時的にしまう場所としても、利用価値大です。ふたがあることで中身を隠せることもポイントです!
引き出しの多い収納家具を利用しましょう
リビングは生活の中心なので、どうしてもこまごましたものが多くなりますよね。そういう場合は、引き出しがたくさん付いた収納家具をおきましょう。小分けできるので便利ですよ。
散らかすときは、美しく!
片付けられなくても美しく見せる裏技があります。本や雑誌はまっすぐに重ねて揃えて置きましょう。洋服なら脱ぎ捨てにせずに、たたんで重きましょう。それだけでお部屋はスッキリと見えます。また、机の下にバスケットを置くなど、一時的な置き場所を決めて、時間があるときに片付けるというのもよいですよ。
ワンポイントアドバイス
小さめの籐製品の籠を玩具入れにして片づけていました。普段はそこに仕舞い、客人が来たらその時は被せ布で隠しインテリアに見えるようにしたりしました。今は自分の部屋に即座に片づけて貰いますが〜結構同系色で揃えると気になりませんよ。(といっちさん)
 
tech02
洗濯物がどこにでもかかっている感じが
いやなのですが…
木目調パーテーションで目隠ししましょう
部屋の中で洗濯物が目に入るのはあまりよい気分ではありませんよね。そこで、洗濯物をひと所にまとめたら、パーテーションを使って洗濯物を隠してしまいましょう。パーテーションを選ぶ際はインテリアとしてお部屋の雰囲気に合ったデザインのものをチョイスしましょうね。フローリングの場合、床の色に合わせた木目調のものは、お部屋にもなじんでインテリアとしてもおすすめです!
つっぱり棒で洗濯物干し場を作りましょう
100円ショップなどで荷重に合わせたつっぱり棒を買い、洗面所などに取り付ければ、簡単に洗濯物干し場ができますよ!そして洗濯物を掛けて置く場所を一カ所に決めてしまいましょう。洗面所でなくても、昼間使っていない部屋などを一時的な洗濯物干し場としてしまえば、目にも入りませんし、GOODです。
ワンポイントアドバイス
私はカーテンのレールの部分に洗濯物をかけています。カーテンをつけている部分なので、ガラス越しではあるのですが、日がよくあたり洗濯物が早く乾きます。
(ひろ08さん)
うちは室内用の物干しにかけておきます。使わないときは簡単にたたんでしまえるようなデザインのものです。ホ−ムセンタ−に行けば用途に合わせたデザインのものが数種類あると思います。(おかっちさん)
 
次のページへ

Living リビング プロ技で「困った」を解決!

Lesson1
上手な配置・レイアウトテク
Lesson2
皆さんの困ったにお答えします【配置・レイアウト編
Lesson3
片付け上手になるコツ
Lesson4
皆さんの困ったにお答えします【収納・暮らし方編
Lesson5
ちょっと気が利いたおもてなしの工夫
Lesson6
皆さんの困ったにお答えします【来客時編