Travel 旅行

トップ >> 旅行 >> 旅先からのAir Mail >> maldives2 - モルディブ
letters 旅先からのAirMail

maldives2 - モルディブ

image
image

海外挙式に憧れていて、でもハワイだとありきたり・・・と思い、 新婚旅行も兼ねて選んだ国が、ここモルジブでした。

7月、雨季とはいえ、赤道付近の国だけあって連日30度を越える日が続きました。ただ、風が吹いていたため、日本ほどの暑さは感じません。私たちが宿泊したのは、「ヒルトンモルジブ」の「水上コテージ」。空港のあるマーレから水上飛行機で約25分。移動中、眼下には数々の美しい環礁が広がります。

ヒルトンのあるランガリ島に到着したのは朝の7時前。メインアイランドとウィル島を結ぶ1キロ弱の桟橋のほぼ中央に着水。珊瑚が砕けて出来たという白い砂浜、エメラルドグリーンを思わせる美しい海、そして抜けるような青い空と白い雲。どれもがまるで夢の中のようでした。ヒルトンさんのご好意で、お部屋も水上コテージからデラックス水上コテージにアップグレードしてもらえました。

挙式は夕方6時スタート。日差しも和らいだ時間からです。現地の人が部屋まで迎えにきてくれ、新婦はハンモックに担がれ式場まで運ばれるというスタイル。イスラム教の国なので、神父様はいません。式の後は、ドーニと呼ばれる小さい船で、1時間二人だけの海上クルーズ。風まかせな船の為、運がよければ自分達の部屋の水上コテージまで船で送ってもられるというロマンチックな特典付きです。

夜はサンセットレストランにて、挙式用の特別なお料理をいただき、何から何までニクイ演出で、大満足のモルジブ挙式でした。お部屋のベッドメーキングも、挙式後も毎日シーツのデコレーション(写真:下左)がされているなんて素敵じゃありませんか?

南国リゾートならではのマリンスポーツを堪能するのはもちろん、8カ国の国のお料理が食べられる複数のレストランやヨガまで楽しめるスポーツジム、インターネット完備の簡易図書館とあらゆる設備が充実しており、最上級の安らぎが得られます。アラブからのお客様も多いようで、私たちもサウジアラビアの方とお知り合いになれました。

贅沢の極みを感じ、最上級の安らぎの時間を過ごせるリゾート。 それがモルジブなのかもしれません。

楽園、万歳♪

おすすめ情報:ヒルトンの場合ですが、夕方5時から6時の間、ウィルバー(写真:下右)とランガリバーにて、ナント無料で1人1杯ドリンクがもらえます。おつまみまで付いているので、これを利用しない手は無いですよ。もちろんアルコール、ノンアルコール、種々選択できます。


スタンプ
image
image

photo1

photo2

image
<<BACK NEXT>>

imageAirMail のトップへ