Travel 旅行

トップ >> 旅行 >> 老舗女将のお取り寄せ名鑑 >> カフェ・ド・ボウ「黒丸御所」

ご年配の方にも喜ばれる黒豆タルトは帰省のお供にもぴったり

兵庫県 陶泉「御所坊」女将 和田もえさんの太鼓判 カフェ・ド・ボウ「黒丸御所(丹波黒豆タルト)」

丹波黒をたっぷり使った贅沢なタルト。サクッとしたクッキー生地の中に、ほんのり甘く炊いた丹波黒と、アーモンドクリームをたっぷり流し込み、オーブンでじっくりと焼き上げています。ゴロゴロ、ふっくらとした黒豆の食感と、サックリとした生地の美味しさが絶妙にマッチ。コーヒーや紅茶はもちろん、意外にも緑茶にもよく合う洋菓子です。黒豆は特有のポリフェノール類やビタミンが豊富に含まれる健康食材。小さなお子様からお年寄りまで安心して食べられるスイーツなので、帰省の手土産にもぴったり。ぜひ、ご家族皆さんで楽しんでください。
「有馬温泉の名店『カフェ・ド・ボウ』の人気スイーツ『黒丸御所(丹波黒豆タルト)』。地元の人はもちろん、今や観光客にも大人気のケーキです。丹波黒を使用した和の雰囲気漂う洋菓子なので、お年寄りにも喜ばれますよ」

お取り寄せはこちら

これまでのお取り寄せ名鑑

詳しくはこちら

今月の推薦者の宿 兵庫県 陶泉「御所坊」

琵琶湖のほとりに広がる滋賀県長浜市といえば、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が築いた長浜城など、歴史の舞台として知られる町。二〇一一年の大河ドラマのヒロイン、江(ごう)(浅井長政)の三女の出身地としても盛り上がりを見せている。
そんな長浜市で、琵琶湖の湖畔にたたずむ落ち着いた宿が旅館紅鮎だ。湖に浮かぶ竹生島(ちくぶしま)を望む館内には、全十六のくつろぎの客室が。すべての部屋に、露天風呂とマッサージチェアが備わっているのはうれしい限り。客室の露天風呂の素材が檜、信楽焼、石の湯のいずれかというのもユニークだ。
尾上温泉は地元集落にある神社の御手洗のため、井戸を掘った際に見つかったといい、そのお湯は男女別の大浴場でも楽しめる。また地元滋賀県で産出された長命石を用いた岩盤浴(一人千五百円/四十五分)もあり、体を芯からあたためてくれる。
料理は、月替わりの京風会席のほか、名産近江牛、夏の鮎、冬の鴨など。湖北の豊かな自然の恵みが味わえるだろう。

今月の推薦者の宿 兵庫県 陶泉「御所坊」