Job 仕事・資格

トップ >> 仕事・資格 >> 在宅ワーク 応援ガイド Part.1

子育てしながら稼ぐ近道 在宅ワーク 応援ガイド Part.2

家事や子育ての合間に、自宅で仕事ができたら・・・
そんな自分のペースで働きたい女性の注目を集める“在宅ワーク”。
仕事の探し方から騙されないコツまで、失敗しない在宅ワークのテクニックをお教えします。

どうやってはじめる?! 在宅ワーク開始までのステップ 魅力的な言葉には注意!失敗しない・騙されないコツ ココが知りたい!今ドキ在宅ワークQ&A Part.2 在宅ワークをはじめるには? Part.1 私にできる在宅ワークって? 仕事をするには何が必要?在宅ワークの必須ツール 専門スキルのない私、さてどうする?私に合った仕事の探し方 在宅ワークってどんなもの?おウチでできる理想の働き方
在宅ワークってどんなもの?おウチでできる理想の働き方
宮田志保さん私がお答えします!宮田志保さん

SOHO・在宅ワーク支援のNPO法人『フラウネッツ』(http://www.fraunetz.com)代表。出産を機に退職しフリーに。現在、厚生労働省在宅ワーク支援事業検討委員を務める。

在宅ワークは個人事業主 自分をアピールする力が必要

在宅ワークとは、その名の通り、自宅を拠点として仕事をすること 。どこにも雇用されない働き方で、いわば個人事業主のようなもの。同様に在宅での働き方としてSOHO(Small Office/Home Office)がありますが、こちらは在宅ワークよりも仕事の裁量性が高く、専業性や独立自営の度合いが高い形態を指すことが多いようです。


また、在宅ワークは仕事を発注者から受注する形で進めるので、まずは発注者を探すことからはじまります。前職からのつながりで仕事をもらったり、ビジネスマッチングサイトやSOHOエージェントに登録するケースが一般的ですが、いずれも自分から売り込む姿勢が必要になります。在宅ワークには営業的アプローチが欠かせない要素となるのです。

また、その魅力ばかりに目が行きがちな在宅ワークですが、デメリットもしっかり把握しておきたいもの。自分にとって、本当に働きやすい形態なのか、今一度確認しておきましょう。

イメージ

在宅ワーク

在宅ワークのメリット
  • 何時〜何時まで仕事をするなど、自分で自由にスケジュールを立てることができる
  • 通勤時間がないため、その分仕事の時間に費やせる
  • 家族の転勤等があっても、仕事を継続できる
  • 子供の急な体調不良に対応しやすい
  • 煩わしい人間関係がない
在宅ワークのデメリット
  • 一人で仕事をするので孤独感を感じやすい
  • 冷静に客観的な視点を持ちながら仕事を受けないと、極端に安い単価の仕事も請け負ってしまうなど失敗するケースも
  • 体調が悪くても納期があるので休めない
  • 収入が安定しない
  • 営業から納品まで、一人でこなす必要がある
専門スキルのない私、さてどうする?私に合った仕事の探し方
自分が“できること” “やりたいこと”を紙に書き出してみよう

イメージ “私にはそんな専門スキルもないし、
どんな仕事ができるか分からないわ・・・”

在宅ワーク初心者がまず始めにぶつかる壁がそこ。
できることが見つからない故に、とりあえず在宅ワークの代名詞とも言えるデータ入力などに走りがちですが、そんな安易な考えは危険です。
と言うのも、これらには初心者の心につけ込んだ悪質業者が絡んでくる場合が多く、スキルを高めるためとの名目で高額な教材を買わせたり、極端に安い単価で仕事を依頼してくるケースがあるのです。もちろん信頼できるエージェントの案件もありますが、とかく初心者はこのような失敗に陥りがち。

「何にも出来ないから何でもやります」
「何にも出来ないから、取りあえず簡単そうなパソコン入力を」
などの考えは今すぐ捨て、自分が少しでも“できること”“やりたいこと”を整理してみましょう。
そのためにはまず自分を知ることから。

白い紙に、自分が“できること”“やりたいこと”を書き出してみましょう。例えば、実際にライター業の経験がなくとも、文章を書くことが好きなのであれば、「文章を書く仕事がしたい」でもOK。その際、何かアピールできる要素が含まれていると尚いいですね。ライター希望であれば「PTAの広報経験アリ」や「地域広報誌に投稿が掲載された」なども◎。エージェントに登録したり、発注者との面談時に、それらは自分のアピールポイントになります。

どうしても自分では分からないという時は、国や自治体が主催する在宅ワーク交流会やセミナーに参加し、第三者に判断してもらうのもいいかもしれません。

主な在宅ワーク

お役立ちメモ

在宅ワークには様々な仕事があります。
どんな仕事があり、どのように始めるかを知るためにも国や自治体で行なっている在宅ワークセミナーやシンポジウム・交流会に参加して情報収集するといいでしょう。

厚生労働省「在宅就業者総合支援事業」 http://www.homeworkers.jp/
特定非営利活動法人フラウネッツ http://www.fraunetz.com/

仕事をするには何が必要?在宅ワークの必須ツール

イメージフリーアドレスはNG!意外に重要なメールアドレスの確保
在宅ワークの必須ツールとして、パソコン、プリンタ、FAX、電話(携帯電話でもOK)などのほかに、バックアップ用のUSBフラッシュメモリ(外付けHDでもOK)なども準備しておきましょう。

また、メールも必須ツールのひとつ。その際、Yahoo!メールやGmailなどのフリーアドレスの使用はやめましょう。フリーアドレスだとすぐに消すことも可能なので、仕事をする上では信頼性に欠けます。プロバイダーと契約し、きちんとアカウントを取得しましょう。その際、家族と共有のアドレスなどもNG。仕事のやり取りをするアドレスなので、家族と言えども他者が見ることが可能な環境はもってのほか。

なお、アドレスを作る際は仕事上で使用しても恥ずかしくないアドレス名にしましょう。細かいかもしれませんが、仕事の発注者は、安心して仕事を任せられる相手かどうか、そういう小さな点もチェックしていますよ!

Part.2 在宅ワークをはじめるには?